シャンプーで色々な改善を!

白髪を改善するのに有効な、白髪染めができるシャンプーが今人気ですよね。

白髪染めができるシャンプーというのは近年どんどん色々なメーカーから発売されていて、シャンプーしながら白髪が染めれるという手軽なところにみなさんメリットを感じるのでしょうね。

白髪だけに限らず、最近はノンシリコンシャンプーやアミノ酸シャンプーなど、色々なシャンプーに注目が集まっている時代。薄毛ですらシャンプーで改善しようという時代なので、ただ髪を洗う為だけじゃないシャンプーのあり方に注目が集まっている時代になってきているのだと思います。

白髪染めに悩む人は白髪が染めれるシャンプー、髪の薄毛が気になる人は頭皮の詰まりを解消してくれるシャンプー、髪が傷んでいて同時にケアをしていきたい人の為のシャンプー、カラーリングを長持ちさせてくれるシャンプーなど、これからはそれぞれの目的に合わせてシャンプーを選んでいく時代になっていくんでしょうね。


白髪の改善の為に・・・

年をとるたびに白髪が目立ってきたりして悩んでしまうものですが、白髪ができてしまう原因は、身体機能の衰えと同時に色素細胞も衰えてしまう為に機能しなくなるのが主な老人性白髪の原因だといえます。

ただ、中には遺伝的な要素が原因だったり、病的なものが原因だったり、生活習慣やストレスが原因となっている場合もあるので、自分の行動を変えるだけで必ず改善できるわけでもないのが現実です。

ストレスなどで白髪になっている場合は改善の余地が十分にあるので、ストレスがたまらないように適度に発散するようにする必要があります。

自分の時間をしっかりと作り、楽しめる何かを見つけることが大事ですよ。

ストレスで白髪になってしまう原因はストレスによって毛細血管が収縮して色素細胞に影響すると言われていて、その色素細胞というのは体の中で最もストレスに影響が出る細胞だとも言われています。

睡眠不足や不規則な食生活(肉食中心など)によって血流が悪くなるとドロドロ血になり色素細胞へも影響してしまうといったことなども原因だと言われていますから、改善したいのであれば気をつけましょう。

血流が悪くなるといえばタバコも代表的なものなので、白髪が増えてしまう原因だけじゃなく、薄毛の原因にもなるので、できる限り控えましょう。

できてしまった白髪を改善することは難しいことですが、そういった白髪の原因となることを少しずつ改善していけば、次に生えてくるときには戻るかもしれませんよ。


白髪を改善!ヘアカラーについて

白髪を改善するにはヘアカラーをするのが手っ取り早いですよね。
確実に染まりますし、好きな色みにすることができるので、近年白髪染めの商品は人気のようです。

そのように、白髪は普通ヘアカラーで改善するのが一般的ですが、
白髪というのは結構短い周期で定期的に目立ってきてしまうものなので、髪が伸びてきた根元を染めるリタッチよりも、もっと頻繁に染めることになるでしょう。

なので、毎回使いきりの全体染めの白髪染め商品を選ぶよりも、毎回小出しにして少量ずつ作って使用できるチューブタイプの白髪染めものを選んで改善する方がおすすめです。

白髪染めの改善にヘアカラーを使う方法は、白髪が染まるくらいの成分が入っているので、改善こそするでしょうけど、その分当然髪も傷みやすい成分だと言えます。
髪を傷ませたくないのなら、毎回使いきりの全体染めで改善はしないこと。

なるべく毎回毎回、少量の染める液を作って、白髪が目立つ部分だけに塗るようにしましょう。

また、髪の傷みが気になる人に関しては、普通のヘアカラーだけじゃなく、ヘアマニキュア系で白髪を改善する方が、傷みにくいと言われているのですが、以前紹介した利尻ヘアカラートリートメントは、トリートメント成分が配合されている上に、ヘアマニキュアと同じような者の為、白髪が改善されるのに髪が傷みにくいようになっているんだそうです。

しかも毎回毎回染めるという改善の方法が面倒な為、ついついさぼりがちになってしまうものですが、そういった手軽に使える、便利でしかも髪に優しい商品を見つけることで、面倒な点も改善されて、使い続けやすいと思います。

そういう商品に巡り合えるのは難しいことかもしれませんね。脱毛器に関してもそうですが、商品の種類があり過ぎると、自分に合った商品を見つけるのが大変ですよね。

効果があることは大前提として、尚且つ楽に済ませれるものが理想です。


白髪改善のひと手間

白髪そのものをまた黒髪に戻すことなんてできません。

1度白髪になってきた髪は、そのままずっと白髪だそうです。
となると、染めるしか方法がありません。(抜くのはやめましょう。抜き続けていれば、今度は女性であれ育毛に悩むことになります。)

でも、出かける前に急に生え際の白髪に気がついてしまったら・・・
染めてる時間なんてないし、せっかくのおでかけ中も気になって仕方がないですよね。

そんな人におすすめなのがマスカラタイプの白髪隠し!

眉毛マスカラでも代用することができますよ。

普通のマスカラだったら真っ黒か濃いこげ茶系、もしくはカラフルな色のものが主に売られていますが、
眉毛マスカラなら髪に合わせて打っているので自然な色みですし、明るい髪にも対応できるように
色もバリエーション豊富なのでおすすめです。

また、最近は白髪隠し用のマスカラも沢山でていますから、1つ、髪色に合わせて買っておいてもいいと思います。

次々と絶え間なく生えてくる白髪には、さっとひと塗りできる簡単なグッズがおすすめです。

また、マスカラやヘアマニキュアは色が落ちてくる事を考えると嫌だとか、苦手だという方には、利尻ヘアカラーがおすすめです。ヘアカラーといっても普通の白髪染めとは違うので、ツンとした独特の強い匂いに悩まされることもないですし、お風呂に入るついでにシャンプーするのと一緒に染めてしまえばいいので楽ですよ♪

絶えず生えてきてしまう厄介な白髪の改善方法は、何よりも“楽”なのがいいですよね!


老化は止められないのか

年を重ねるにつれて体力がなくなっていくのと同じく、細胞などもどんどん衰えていきます。

白髪に関しても同じで、色素細胞の能力がどんどん衰えていくと、仕方のないことですが白髪もどんどん増えてしまうということ。

そもそも白髪うんぬんの前に、人間は老化を止めることはできないのでしょうか。シミ、シワ、乾燥、そして薄毛など、女性は悩みが付きませんよね。最近女性の薄毛も増えているといいます。

白髪もそうですが、髪の色素が消失するなんて、若い頃には全く関心のないことだったのに、周りも同じ悩みを分かち合うにつれて、どんどん自分の老いを感じてしまうもの。

でも、病は気から!という言葉があるように、白髪も気から!!とは考えられないでしょうか。

人間は、怒ってばかりいると病気になりやすいといいます。もちろんクヨクヨしていても同じ。

いつも笑顔でにこにこ明るく生きている人は、細胞も活発化されて病気になりにくいといいますから、白髪予防として、もしかしたら効果があるかもしれませんよ!(気休めだと言えばそれまでですが・・・。)

でも、まだまだ元気で若いはずの30代なのに、なぜかに急激に白髪が気になってきますよね。どうせなら40代半ばや50代くらいから白髪になればいいのに・・・なんて思っちゃいますけど。

でも、明るく活発に生きている人は、白髪がでてこようが、シミができようが、年齢を受け入れて楽しみながらも、自分なりにいろいろ対策をしたりしていて、何よりもいちいち落ち込まずにイキイキしているので、そんな人の白髪なんて周りは全然気になりませんよね。

逆にいつも暗く、ネガティブな人に白髪があると「やっぱり苦労しているからなんだろうな」って勝手に思ってしまうのが人間。

周りにどう思わせるか、というのも十分な白髪対策になるのではないかと最近思うようになりました。


女性の白髪改善

妊娠したあと白髪が出てきたという女性の話を聞きます。
女性といえば髪が命といわれるほど、大事なものです。
その髪が白くなるとなると、女性にとっては悲しいことですよね。

出産の際の血液消費、女性ホルモンの変化、そして栄養を赤ちゃんにおくりこむため栄養が不足しがちになります。そうしたことにより白髪がでてくる人もいるようです。
女性というのは更年期になると白髪が一番増えやすい時期といわれています。
体の不調が起こったりするのですが、これは女性ホルモンのバランスが崩れるからだといいます。
体内で作りだされる血の量が減るため髪の毛への栄養も行きわたりにくくなるため白髪が増える時期ともいえるのです。

妊娠出産のときもそうですが、女性の白髪が増えやすい時期というのは血液が不足するときだといわれます。髪の毛への栄養を送りこむのは血液です。つまりその血液がたりなくなると栄養が十分に行きわたりません。
女性というのは毎月整生理がありますよね。その為に栄養が十分じゃない人が良くいます。
毎月のことだからといって軽くみてはいけません。今はなんともなくても、近い将来白髪が出てくるかもしれませんよ。
それを改善するためにも自分で貧血気味だなと思う人などは、白髪にならないように、今ある人なら改善できるようにしっかりと栄養をとり、ストレスをためないようにといったことに気をつけて自分の体を改善してはいかがでしょうか。


改善には規則正しい生活

白髪改善もよいのですが、白髪を出さない、増やさない努力もしたいですね。
白髪といえば中高年のイメージがありますが、若い人の中にも目立つ人がいますよね。
遺伝的なものもあるのですが、若いころから目立つ人というのは生活習慣が原因とされるときがあります。
例えば不規則な食事を取っていたり、栄養の偏った食事、睡眠時間が短かったり不規則だったり、喫煙といったことも原因となっています。これらは健康に悪いとされることですが、やはり髪の健康にも関わってきます。

若いうちは大丈夫だといって夜更かしや不規則な生活を送っている人もいますが、それが体にはストレスとなり白髪になる場合もあるのです。
人の体というのは夜にねて朝に起きるというようにできています。その為遅寝などは体に悪影響を及ぼすことになります。
自分で不規則だなと思っている人は、今は白髪がなくとも早いうちに出てくるかもしれません。それを避けるためにも今のうちに改善しておきたいですね。

改善方法ですが、良く言われる生活習慣を見なおすことです。
ストレスをためない、食事をバランスよく食べる、睡眠時間をしっかりととる。
基本的なことですが、へたに色々なものを試してみるよりは効果があることだと思います。

そして生活習慣を改善して頭皮マッサージといったような栄養が隅々まで届くように血行を良くすることも効果的です。
この方法で完全に白髪をださないということはできません。まだ現代では白髪のメカニズムが完全に解明されていないので完全な改善方法というのはまだありませんが、健康な体で健康は髪をつくることが一番の改善方法だと思います。


改善に黒ゴマを

白髪改善に悩んでいるときに、改善の方法に染めて目立たなくさせるという方法の前に白髪を出さないように改善する方法を考えてみましょう。

一度白くなった髪の毛というのは、その毛根からは白い髪の毛しか生えてこないといわれます。
そのため一度出た部分は染めるなどの改善方法もありますが、まずはそうならないようにしたいですよね。

その改善方法には食事で多少の効果を上げることが出来ます。
効くとされる食材ですがゴマが改善によいといわれています。
ゴマといっても黒ゴマが効果的という話ですね。
黒ゴマの中には若返りに効果的とされるビタミンEといった各種のビタミン、必須アミノ酸、食物繊維といった多くの栄養素が含まれています。白髪改善のほかにも、動脈硬化、便秘、冷え性といった中高年にはうれしい症状にも効果的です。
最近では黒ゴマの栄養素が入ったサプリメントというものも売られていますよね。
黒ゴマはそのままでは食べる機会はないとおもいますが、普段の食事にまぶして食べたりといったように、食卓に黒ゴマを置いてみるととりやすくなるかもしれません。黒ゴマのふりかけなんていうのもありますよね。

黒ゴマにはセサミンという成分が含まれていて、最近この言葉もよく聞かれるようになりましたね。
それだけ体に良いとされることがわかると思います。
もちろん食べたらすぐ改善されるということはないのですが、毎日取っていくことで改善はされていくと思います。

ただ注意しなければならないのは、効果にも個人差があるところです。
効果が目に見えてすぐわかったという人もいれば、そうでない人もいます。
中々改善されないなと思うのであれば、違う方法もありますのでおためしになってはいかがでしょうか。


改善方法に漢方薬を

遺伝による白髪を前回説明しましたが、それを防ぐための改善方法といのもあります。
遺伝というのもありますが、逆に親にはあるのに自分は年をとっても黒々した髪のままということもあります。
こうした場合はなりにくい体質が遺伝しているとも考えられます。
ではなりにくい体質というのはどういった体質なのでしょうか。

白髪になりやすい体質というのは、漢方で腎虚というタイプです。
老化には腎が弱ってしまい、実際の年齢より老化が進んでしまうタイプというのはあります。
この腎というのは腎臓のことではなく、漢方の分野で人の本来のエネルギーを保つことです。
この腎の働きが弱ることが腎虚といい、若い人でもこの腎虚になる人もいます。
腎虚になると、生命力から免疫力、自然治癒力が低下し色々と体に不具合が発生してきます。

白髪もこの症状の一つといわれています。
腎虚を改善することで、白髪の改善も行えるともいえます。
ではこれを改善するのにふさわしい漢方薬というのは何かというと、六味丸がよいとされています。
白髪改善だけでなく、体の弱った機能を補ってくれるので体力の低下した中高年の方にはお勧めの漢方薬です。

漢方薬のうれしいところは、薬とは違い体に優しいところですよね。
毎日飲み続ける手間はありますが、多くの効能があるのでそのころのお年の方にお勧めの改善方法といえるのではないでしょうか。