白髪は遺伝?

白髪は老化によってだけでなく病気によっても生えることがあります。
前回説明したとおり、メラノサイトがスムーズに再配置されないことが白髪が生える原因なのですが、この再配置がうまくいかなくなる原因は老化だけではありません。
例えば遺伝や病気、生活環境でも起こるのです。

生活環境のことは白髪改善方法としていずれ説明するとして、遺伝による白髪について説明していきます。
親が白髪に悩んでいたという人も年をとると白髪で悩むというのは良く聞く話ですよね。
白髪の原因に遺伝というのはあるようです。
その中でも長男は母方、長女は父方の遺伝を受けやすいという統計もあります。
ただ医学的にその詳しいメカニズムというのは解明されていないのが現実です。
もし親に白髪が目立つという人であれば、白髪改善にすこし気をつけておいたほうがよいかもしれませんね。

白髪が若いときに出てきてしまう若白髪というのもがあるのですが、これの原因は明確にはなっていませんがメラニン色素を作る細胞の働きが遺伝的に活発でないことが多いよいです。
親の髪のクセと同じ、髪質と同じという人がいますがこれと同じように色素細胞の働きが悪いということを遺伝していると考えられています。

実際親の白髪が出てきた時期と同じくらいに自分にも白髪が生えてきたということも多いようなので、メラニン色素をつくる細胞の働きも遺伝することが多いみたいです。
ただもう遺伝だからといって諦める必要もありません。適切なケアをすることで白髪の改善というのはできるのですよ。