白髪染めの種類

白髪改善方法に、染めて白髪を目立たなく改善する方法ですが色々と種類があると前回言いましたがその特徴についてみていきましょう。

まずはカラスプレーを使って白髪を改善する方法です。
カラースプレーというのは髪の内部には浸透せずに髪の表面だけに染料をつけ白髪を目立たなく改善する方法です。
白髪が目立ってきた根本などにスプレーするだけで白髪が改善されます。
ただシャンプーなどで洗い流せるので一日しかもちませんが、その分髪を傷めないといったメリットもあります。
ただ毎日出かけるときにスプレーしないといけなくなるので、その手間がデメリットではないでしょうか。

次にヘアマニキュアで白髪を改善する方法ですが、ヘアマニキュアというのは髪の表面に染料を結合させて色をつける白髪の改善方法です。髪の内部まで浸透しないようになっているので髪への影響は比較的少ないと言えるでしょう。
ただそのためあまり長持ちはしません。毎日シャンプーをしていると早くて2週間程度で色が落ちてしまうこともあるので、なんども染め直す手間がかかるのがデメリットでもあります。
あと染めた直後は頭を洗ったあと、タオルなどに染料が付いてしまうこともあるので注意したいですね。

そしていちばん多く利用されている白髪改善方法がヘアカラーではないでしょうか。
ヘアマニキュアとちがい、髪の内部まで浸透して着色させるので色が長持ちします。
ただ内部まで浸透させているので髪が傷みやすくなります。何度も繰り返すとキューティクルがはがれてきたりするので、あまり回数を重ねるのは良くありません。ただその分長持ちする白髪改善方法なので、染め直す手間を考えると一番利用されている白髪改善方法ではないでしょうか。