白髪の生える原因

白髪をなんとか改善したいと思う人は多いと思います。
女性であればよけいに白髪の改善が気になると思います。

どうしたら白髪を改善できるか考える前に白髪がどうしてできるかについて紹介します。

髪の毛といのは一本一本の毛髪が生み出されるために、頭皮内の毛包と呼ばれる内部には毛乳頭という突起があります。
このとっきから毛細血管で運ばれた養分をたくわえています。
そしてこの毛乳頭を囲んでいるのが毛髪を作る毛母細胞というもので、毛乳頭からの養分を得て細胞分裂し毛髪を作りだしていきます。そうして作りだされた毛髪が少しつづ上に押し上げられて髪の毛となっているのです。

元々髪の毛というのは頭皮で作られたばかりのときは透明なのです。
この透明な髪の毛が生えるときメラノサイトと呼ばれる色素細胞で作られたメラニン色素を取り込むことで色がつくのです。
日本人の場合この色素細胞が黒い人が多いので、黒色の髪の毛となるのです。
ただ、メラノサイトの力が弱くなったり髪が抜ける時にはなくなってしまうことがあり、なくなってしまうとメラニン色素も作られなくなってしまいます。結果髪の毛に色をつけることができず、白髪として出てくるのです。

髪の毛というのは、切らなければ伸び続けていくものではありません。
ちゃんと寿命があるのですよ。
髪の毛の寿命ですが、男性で3年から5年、女性で4年から6年と言われています。
頭皮には平均して10万本から15万本の髪の毛が変えていて、1日に50本ほど抜け毛があるそうです。
ただこの抜けた毛と一緒にメラノサイトまで髪の毛と一緒に失われてしまうことが問題となります。
健康な頭皮ですとメラノサイトが減ったとしても、また生えるときにメラノサイトが再配置してメラニン色素が作られるのですが、何かの原因により再配置が行われなくなり、白髪となってしまうのです。